11469円 有田焼・伊万里焼|焼酎コップ・焼酎カップペアセット|贈答品|記念品|ギフト|青海波文様千鳥・藤井錦彩 ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー 和酒器 11469円 有田焼・伊万里焼|焼酎コップ・焼酎カップペアセット|贈答品|記念品|ギフト|青海波文様千鳥・藤井錦彩 ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー 和酒器 kensetukyoka.com,11469円,/inferrer1889288.html,有田焼・伊万里焼|焼酎コップ・焼酎カップペアセット|贈答品|記念品|ギフト|青海波文様千鳥・藤井錦彩,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , 和酒器 有田焼 伊万里焼 焼酎コップ 焼酎カップペアセット 贈答品 藤井錦彩 記念品 青海波文様千鳥 ギフト 美品 kensetukyoka.com,11469円,/inferrer1889288.html,有田焼・伊万里焼|焼酎コップ・焼酎カップペアセット|贈答品|記念品|ギフト|青海波文様千鳥・藤井錦彩,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , 和酒器 有田焼 伊万里焼 焼酎コップ 焼酎カップペアセット 贈答品 藤井錦彩 記念品 青海波文様千鳥 ギフト 美品

有田焼 伊万里焼 焼酎コップ 焼酎カップペアセット 贈答品 藤井錦彩 記念品 青海波文様千鳥 定番 ギフト 美品

有田焼・伊万里焼|焼酎コップ・焼酎カップペアセット|贈答品|記念品|ギフト|青海波文様千鳥・藤井錦彩

11469円

有田焼・伊万里焼|焼酎コップ・焼酎カップペアセット|贈答品|記念品|ギフト|青海波文様千鳥・藤井錦彩

商品の説明

■作者の藤井錦彩(ふじい きんさい)は1976年、日本磁器発祥の地、佐賀県有田町に生まれる。陶芸の道を志、有田焼の人間国宝・井上萬二氏や現代の名工・川原留雄氏・金武自然氏など各界の第一人者に師事する。手造り・手描きの心を大切にし、有田焼の伝統に現代感覚を調和させた美意識と感性の世界を造り独自の作風を切り拓いています、各展覧会では栄えある賞を数多く受賞し、作品は著名美術館にも収蔵されています。また、全国各地の美術館や百貨店で個展が開催され美術愛好家がつめかけています。有田焼の長い歴史と伝統に裏打ちされた技術でロクロを回し、全神経を筆先にそそぎ製作された本作品の飾り皿は比類なき陶芸作品です。床の間や玄関・応接間・リビングなど、どこでもお飾りいただけ、日本の伝統工芸の素晴らしさを実感できる珠玉の逸品です。また、お祝いの品としても大変喜ばれ、贈る場面を選ばず、贈答品、法人ギフト、記念品などの贈答品としても最適で、世界の各国主賓への贈呈品としても重宝されている逸品です。■作品にご興味を持たれましたら、まずは藤井錦彩窯までお問合せください。ご不明な点や作品の説明等詳細をご案内させていただきます。どうぞお気軽にお問い合せ下さい。■藤井錦彩窯・電話0955-46-4328

有田焼・伊万里焼|焼酎コップ・焼酎カップペアセット|贈答品|記念品|ギフト|青海波文様千鳥・藤井錦彩

web会議システムによる
オンライン商談や現場見学も可能です。
お気軽にお問い合わせください。

0800-555-0500

月~土曜日/9:00〜18:00

物流のアウトソーシングなら

「委託型」配送センター代行

お客様のお荷物をお預かりし、入荷から保管、出荷までを代行させていただきます。出荷件数の波動にも耐えられる環境をご提供させていただいております。

お客様の成長や物流波動に柔軟にご対応

2拠点運用など関東でのご提案も可能です

お客様の販売に合わせた拠点のご提案をさせていただきます。東to東や西to西はもちろん、全国をマーケットにした際の2拠点運用によって、配送のリードタイムと、運賃コストの削減を実現いたします。

物流だけでなく、
受注管理もワンストップで委託したい

受注管理と配送業務の
ワンストップ代行サービス

ECサイトでの受注業務から倉庫内での配送業務までをワンストップで、スムーズなサービスをご提供致し、お客様の販路拡大にも貢献致します。

関通の物流改善は、
アウトソーシングだけではありません

自社物流センター運営移管サービス

お客様の自社倉庫に関通の在庫管理システムや仕組みを入れ、関通が倉庫を運営、改善させていただきます。

クラウド型WMS「クラウドトーマス」

1,000社以上の物流改善を行ったノウハウが詰まったクラウド型WMS。低コストで高い成果が出ます。

自社物流改善プログラム

自社物流センターの生産性・品質の向上。人材教育・環境づくりへの悩みも解決する、関通の物流改善コンサルティングパッケージ。

現実・現場・現物が見て学べる
KANTSUのセミナー

学べる倉庫見学会

企業が抱える物流課題・経営課題を解決するノウハウをお伝えする、倉庫見学会+セミナーについてはこちら。

物流倉庫業務改善ブログ・セミナーレポート

「関通公式メールマガジン」登録